ヤクルト出前授業「おなか元気教室」

開催事例:板橋区立板橋第二小学校


教室がおなか元気教室に変身!

 こんにちは、おなかマスターのこうやまです。
6月20日(土)に、板橋区立板橋第二小学校において、1年生32名に、「おなか博士になろう!」「うんちから学ぶ生活リズム」「おなかには菌が住んでいる」の3つのテーマで、「おなか元気教室」を実施しました。

 今回は、1年生のおともだちみんながいつも勉強している教室で授業を行いました。みんなが他の教室で授業をして戻ってくると、黒板にスクリーンやからだの模型が!他にも前の机の上におもしろそうな資材を発見!これから何が始まるのか、みんなわくわくしていました。


何時に起きたかな

 「うんちから学ぶ生活リズム」では、みんながちゃんとおなか元気生活を送れているかを質問します。ねる時間、おきる時間、朝ごはんに朝うんち、みんな日頃からおなか元気生活を送っていました。

 わたし(ぼく)の宣言では、おなか元気教室のお話を聞いて今日からどんなことを頑張っていきたいかを発表してもらいます。
前に出てきてくれたお友だちは、
「早く寝て、朝ごはんをしっかり食べる!」
「朝うんちを頑張る!」
と発表してくれました。

 夏休みが終わり、2学期に入りましたね。
ぜひ、毎日元気に過ごせるよう、「おなか元気生活」を頑張ってくださいね!

おなかマスターとは、小学校などで「おなか元気教室」の授業ができる社内資格を持ったスタッフのことです。