ヤクルト出前授業「おなか元気教室」

開催事例:世田谷区立深沢小学校

世田谷区立深沢小学校の「家庭教育学級」で、講演をしました

 こんにちは、おなかマスターのひぐちです。
 7月13日(木)世田谷区立深沢小学校の「家庭教育学級」で、保護者の方に講演をしました。内容は、「大人の方向け おなか元気教室」です。

※「家庭教育学級」は、世田谷区教育委員会が実施していて、学校・家庭が連携し、地域とともに子どもを育てる教育の推進をしています。

 まず、みなさんに「腸年齢チェックテスト」を行い、自分の腸年齢が実年齢より若いのか、それとも実年齢より上なのかチェックしてもらいました。

 普段なかなか自分の腸年齢を知る機会もないので、みなさん興味津々で、実年齢との差には、喜びや落胆の声が上がりました。

 子どもの正しい生活習慣に関する話「うんちから学ぶ生活リズム」では、「おなか元気生活」を送るためのポイントとして、「早寝、早起き、朝ごはん、朝うんち」を伝えました。

 毎日の生活習慣は、とても大事です。
 特に排便習慣!!
 朝ごはんを食べると、朝うんちが出やすくなります。

 子どもたちは、しっかり朝ごはんを食べて、お家で朝うんちを済ませてから学校に行くのが望ましいとお話しました。

 今回は、「家庭教育学級」で、保護者の方に子どもの正しい生活習慣について伝えることができました。

 ヤクルトでは、これからも地域の皆さまのとの和を大切にし、皆さまの健康で楽しい生活づくりに貢献していきます。

おなかマスターとは、小学校などで「おなか元気教室」の授業ができる社内資格を持ったスタッフのことです。