ヤクルト出前授業「おなか元気教室」

開催事例:府中けやきの森学園

府中けやきの森学園の「学校保健委員会」で、講演を実施しました。

 こんにちは、おなかマスターのひぐちです。

 今回は、府中けやきの森学園の学校保健委員会で、大人向けの「おなか元気教室」を行いました。

 副校長先生が東京ヤクルトスワローズのファンで、自前のユニフォームと帽子をかぶりみなさんの前で挨拶されたので、とても和やかな雰囲気で始まりました。

 まず、腸年齢チェックテストで腸年齢を自覚していただいてから、おなかのお話しに入りました。消化管の模型を使用し、小腸を取り外して伸ばすと6mもあり、大人の方でも驚きの声が上がりました。

 おなかの仕組みを知っていただいた後は、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」のお話しです。菌はとても小さく、100兆個というとても多くの菌がおなかに住んでいます。いつも良い菌を優勢にしておくことが大切です。

 そして「健腸美肌」、おなかの中がキレイだとお肌もキレイになります。

 東京ヤクルトでは、これからも、地域のみなさまに真心と感謝を込めて健康と美しさの喜びをお届けします。

おなかマスターとは、小学校などで「おなか元気教室」の授業ができる社内資格を持ったスタッフのことです。