会社情報

社会貢献活動

スワローズ現役選手による野球教室開催

11月13日(日)江東区の「夢の島少年野球場」にて「東京ヤクルトスワローズ野球教室」を開催しました。今回の指導者はなんと現役の坂口外野手、松田投手、竹内内野手!守備練習では投球や捕球の仕方、バッティング練習ではミートするためのコツを丁寧に教えてくださいました。

「COOL CHOICE」に連動したヤクルトグループCSRキャンペーンに参加しました

東京ヤクルト販売は、2016年6月に「COOL CHOICE」に連動したヤクルトグループのCSRキャンペーンに参加しました。「COOL CHOICE」とは政府主導の国民運動のことで、地球温暖化防止につながる「賢い選択」を促すことを目的の一つとしています。

港区立白金の丘小学校で「ヤクルトデー」を実施しました

9月16日(金)港区立白金の丘小学校で「ヤクルトデー」を行いました。「ヤクルトデー」とは、ヤクルト球団元選手によるボールの投げ方を教えてもらう「投げ方教室」とおなかのお話しを聞く「おなか元気教室」を同じ日に行うヤクルトいっぱいの1日のことです。

東京都と「高齢者等を支える地域づくり協定」「ながら見守り連携事業」の協定を締結

9月2日、東京ヤクルトは、東京都が民間事業者と協力して地域社会を見守る活動に賛同し、福祉保健局が推進する「高齢者等を支える地域づくり協定」と、青少年治安対策本部が推進する「ながら見守り連携事業」の2つの協定を同時に締結しました。

ヤクルト出前授業「おなか元気教室」のお礼のお手紙ありがとうございます!

お手紙ありがとうございます!年間60校ほどまわっていると、授業を受けた子どもたちからお手紙をいただくこともあり、とても嬉しい気持ちになります。これからも「はやね はやおき あさごはん あさウンチ」規則正しい生活リズムの大切さを多くの子どもたちに伝えていければと思います。

代々木山谷小学校にて「ヤクルトデー」開催

5月17日(火)と20日(金)の2日間、渋谷区にある代々木山谷(よよぎさんや)小学校で「ヤクルトデー」を行いました。「ヤクルトデー」とはスワローズの元選手がボールの投げ方を教えてくれる「投げ方教室」と「おなか元気教室」、さらにお楽しみの給食にヨーグルトやジョアが出る、ヤクルト盛りだくさんの一日のことです。

四谷第六小学校で、「ヤクルトデー」実施

4月28日、新宿区立四谷第六小学校で「ヤクルトデー」実施しました。ヤクルト球団の元現役選手による「投げ方教室」は、5年生、6年生が授業に参加してくれました。

営業活動中に火災を発見・通報し、大森消防署より感謝状をいただきました。

4月25日(月)、大森消防署より宅配営業部市場開発課所属の武藤京子社員と吉木まり社員が感謝状をいただきました。

セキュリティアドバイザーとして向島警察署より委嘱を受けました!

3月30日(水)14:00より、向島警察署 署長室において、宅配2部宅配5課 東向島センターの神田太英子CMと折戸朋子YL、八広センターの花井友宏CMと小林千香子YLが「すみだセキュリティアドバイザー」として和田包署長より委嘱状を手渡されました。

「投げ方教室」を行いました。

6月17日、元選手で、現球団職員の熊田智行氏と度会博文氏が、新宿区立四谷小学校の3年生、4年生に「投げ方教室」を行いました。

ピンクリボン活動スタート

東京ヤクルトでは、「乳がん予防啓発活動」をスタートしました。直販部門では各事業所各センターに設置されている自動販売機をピンクリボン機に順次変更します。

「アイメイト後援会募金活動」に参加

10月25日(土)、中央区銀座の数寄屋橋交差点において、「アイメイト後援会募金活動」が行なわれ、東京ヤクルト直販推進部ホール課から4名が参加しました。

障がいをお持ちの方と心と心のふれ合いを!

東京ヤクルト販売では平成20年から狛江市手をつなぐ親の会が主催する「ちゃーみんぐ・身だしなみ教室」のお手伝いをしています。また、この活動は赤い羽根共同募金会助成事業にもなっています。

ヤクルト出前授業「おなか元気教室」のお礼のお手紙を紹介します。

2013年2月2日、港区立高輪台小学校でヤクルト出前授業「おなか元気教室」を開催しました。
参加した1年生の児童74名からお礼のお手紙をいただきましたので、その一部をご紹介いたします。

地域防犯活動

地域の皆さまとの共生の活動の一つとして、ヤクルトレディがお届け中に不審な事象に気付いたら会社へ連絡する地域防犯活動が、2012/10/1に練馬区からスタートしました。

ユニセフ募金への取り組み

ユニセフ(国際連合児童基金)は、150以上の国と地域で、世界の子どもたちの命と健康を守るために、教育、保健、水と衛生、栄養、保護等の支援活動を行う国連機関です。

登下校中の子どもたちを守るために 防犯協力活動

多摩地区では、センターを子ども110番に活用し、管内各市・村の警察署と連携をしながら、地域の子どもたちを犯罪から守る活動をしています。