ヤクルト出前授業「おなか元気教室」

開催事例:東久留米市立東中学校

2020年6月27日、東久留米市立東中学校、1年生約80名を対象に「東京ヤクルトのSDGsへの取組み」と題して講演しました。

本校は、東京都が昨年度からの2年間「持続可能な社会づくりに向けた教育推進校」に指定されています。生徒たちのグループ活動の参考になるよう、地域の見守り活動や「出前授業」など具体的な事例を紹介しました。「SDGsは社会の誰もが取り組むことだと感じた」「ヤクルトがSDGsに積極的に取り組んでいると知ってびっくりした」という声がありました。

なお、本講演は参加者全員マスク着用、換気や人との間隔を十分とるなど、最大限の感染予防対策を取り入れ実施しました。